2016/11/26

GPD WINにPlamo Linuxをインストールしてみた その1

GPD WINにPlamo Linux-6.1をインストールしてみました。

インストール方針や注意点は下記の通りです。
  1. USBメモリにインストールする
  2. USBメモリをGPT形式にする
  3. カーネルビルド用に別のマシンが必要 
  4. grubでカーネルオプションに「rootdelay=10 i915.modeset=0」を指定する
  5. コンソールは縦のまま、Xは横に回転することが可能
  6. 内蔵無線LANは動きません
  7. →動きました(GPD WINのPlamo Linuxで内蔵無線LANが使えた)
  8. タッチパネルは動作しません
  9. →反応はするようになりました(GPD WINのPlamo LinuxにUbuntuのパッチを当てたカーネル)
  10. 音は出ません
  11. →いつのまにか音が出るようになりました(2016/12/10)

1.については、GPD WINのWindows10領域を減らしたくなかったのが理由です。

しかし実際にインストール作業を始めてみて気付いたのですが、Plamo Linuxのインストーラーから内蔵eMMCが見えません。

結果的に私のスキルでは内蔵eMMC以外にインストールするしかなかったという側面もあります。

今回使用したUSBメモリはSanDiskのSDCZ43-128Gです。



2.についてですが、当初は何も考えず従来のBIOS形式でインストールをしてみたところ、USBメモリからPlamo Linuxが起動できませんでした。

BIOS形式でのインストール失敗後にGPD WINのBIOSをアップデートしていたりもするので本当にGPT形式でないと起動できないのかは検証が甘いですが、勉強の為GPT形式にしてみました。

GPT/UEFIに関しては、今回下記のサイトを読んで勉強しました。
玩式草子─ソフトウェアとたわむれる日々第78回 Plamo LinuxのGPT/UEFI対応[その2]


3.については、Plamo LinuxのデフォルトカーネルではGPD WINで起動できないようです。

Plamo-6.1のデフォルトカーネルである4.3.5、及びこのブログ執筆時点で最新である4.8.5で確認しましたが、いずれもカーネルパニックになってしまいました。もちろん4.のカーネルオプションを指定してです。

エラーメッセージの内容からおそらくUSBメモリの読み込みができていないのだと当たりを付け、USBメモリを読み込めているインストーラーでlsmodして必要なモジュールを調べ、それを幾つか組み込んだカーネルを作成しました。

上記の方針で作成したカーネルは、4.3.5と4.8.5の両方がGPD WINで起動することを確認しました。

私が作成したカーネルのconfigファイルと、Plamo Linuxで配布されているカーネルのconfigファイルの差分を下記に置きます。バージョンは4.8.5です。
kernel-4.8.5.diff

私は別のマシンも当然のごとくPlamo Linuxにしましたが、カーネルのmakeだけなので他のLinuxでもできるのではないでしょうか。


4.についてですが、rootdelay=10を指定しないとカーネルパニックに、i915.modeset=0を指定しないと起動時に画面がブラックアウトします。

おそらくrootdelay=10を指定する必要があるのはUSBメモリにインストールしたのが原因だと思います。

i915.modeset=0の指定は下記のサイトを参考にしました。
新世代UMPC Cherry-Trail #GPD-WIN Wubi for Ubuntu16.10 改良と新規リリース その2


5.について、コンソールは縦画面になってしまい大変見辛いですが、Xは横画面へ回転することが可能です。

/usr/share/X11/xorg.conf.d/10-monitor.confを作成して下記の内容を記述します。
Section "Device"
Identifier "Configured Video Device"
Driver "fbdev"
Option "UseFBDev" "true"
Option "Rotate" "CW"
EndSection

Section "Screen"
Identifier "Default Screen"
Monitor "Configured Monitor"
DefaultDepth 24
SubSection "Display"
Depth 24
Modes "800x1280"
EndSubSection
EndSection
これも下記のサイトを参考にしました。
新世代UMPC Cherry-Trail #GPD-WIN Wubi for Ubuntu16.10 改良と新規リリース その2


6.から8.に関してはこれから確認するということで…。

0 件のコメント: